私の整理帖

暮らしにまつわるひとり言

ひとり言

寂しさと気楽さと

地元の人気カフェの焼き菓子。 昼下がりのお楽しみ。 先日、職場の友人と仕事後にそのカフェでランチした。 地元でちょっと有名な、人気のお店。 知り合ってまだ日は浅いけれど、 物静かで、同い年ということもあり、話していて疲れない。 落ち着いたインテ…

私は変わりたい

この家に転居して、もうすぐ3年。 この2年ほどで断捨離を続け、 目に見える範囲では、 これまでで一番すっきりと暮らせている。 ものの定位置が決まり、 使ったものは元に戻すことが 家族内でも定着した。 毎日の生活で、 部屋が大きく乱れることがなくなっ…

空間と時間の余白

昔ながらの綺麗な街並みを散策しながらのお散歩。 晴天に恵まれて、 人出も多い。 お昼に食べると決めていたお店を、 早々に予約。 待ち時間に辺りを散策。 お昼は楽しみにしていた久しぶりの大好物。 お腹も気持ちも満たされる。 外に出ると、更なる人出。 …

今日できなくてもいい

ホワイトボード代わりのキッチン壁に書かれたto do リスト、 テーブル上にはこの1週間ほどで処理できなかったことの山。 平日、 午前中に仕事に出て、 午後は家のことをする。 毎日日課通りなら、 その日のうちにやり終えるようにしている。 書類や郵便物の…

一日のうちで1番幸せな時間

平日の昼下がり、 14時 遅い昼食を ひとり、 ゆっくりいただく。 週5で仕事に出ているけど、 半日パートなので、 お昼は帰宅後 家で食べる。 食事内容は、 毎日ほぼ同じ。 キャベツ、ブロッコリー、トマトのサラダ から食べて、 その後、 納豆。 身体のいろ…

感傷に浸る日

思い出の品は、 作品や写真など紙媒体のもの、 本人が使用したもの、 2分類される。 作品は 当時の子供達の分身のようで、 私はいまだに捨てることが難しい。 一方、 おもちゃや絵本、服は、 かさ張ることもあり、 引っ越しを機に 処分することが多かった。…

ものと収納の均衡

食品や日用品、 買い物後は すぐに収納先へ片付ける。 テーブルいっぱいに、 ものをひろげて作業しても、 次の作業に取り掛かるときに片付ける。 洗濯物を取り込んでも、 着替えをしても、 その先にすぐしまえる場所がある。 とりあえず一旦置いておく、 が…

3年目のセオリー

我が家は3LDK賃貸マンションに 夫と息子2人の4人 暮らし。 現在の住まいは3年目。 結婚以来2、3年おきに 引っ越しを繰り返し、 いまの家で9軒目。 経験上、 1年目は環境づくりに精一杯で、 2年目に環境に適応していき、 3年目から生活を楽しむ余裕がでる。…

休みの朝

平日仕事休みの日。 週に一回だけ、 家族のいない、朝の一人時間。 ここ数年、家族の在宅率が増えたから 中々手に入れられない とても貴重な時間。 普段は食べない朝食を ゆっくり食べ、 朝読書。 ものが減ったことで、 時間がゆっくり 流れるようになった。…

暮らしにまつわるひとり言

ものに向き合い、 部屋を整えることで、 思考の整理をしてきた。 住まいを整えることが、 私自身と向き合う術。 暮らしも、 ]思考も、 よりシンプルでいたいから、 これからも、 変わらず、 ]続けていく。 これからは、 ここにつづりながら。